荷物の少ない単身赴任者はお得なプランが利用できる

新天地での生活に向けて

積み木のトラック

東京で引越しを予定しているのであれば、比較サイトなどを利用して条件のよい数社に絞ったうえで見積もり交渉を進めてみるのがよいといえます。また、一般的に月末の繁忙期や土日を避けることができれば割安な価格で引越しを出来る可能性が高まります。

More Detail

単身での引越を考える

家具

家族全体の引越より安い

単身赴任の引越は、家族世帯の引越と比較すると安くすむ傾向が強いです。家族世帯の場合は、衣服やいろいろな生活用品などで、かなりの荷物量になることが多いです。それに比べて単身赴任では必要最小限の荷物ですむことが多く、運搬量を少なくできるため、業者を利用する際もその分人件費などが節約され、料金は割安となります。また、荷物の一部を、自分たちで運ぶことも考えられるでしょう。できる部分は自分ですることで、業者の作業を減らし引越代を浮かせることができます。全ての荷物を自ら運搬が可能であれば、業者を使う必要がないケースもあります。家族や知人などに手伝ってもらえば、業者に支払う料金をそっくりそのまま節約できるのです。

人気の単身パック

単身赴任で引越する人に人気となっているのが、各引越業者が提供する単身パックです。このサービスは定価で提供されており、決められた容積のボックスやカートを各自の荷物量によって選ぶ、パッケージ化されたプランとなっています。利用するボックスやカートは自分の責任で選ぶ代わりに、追加料金などはかかりません。同じ容積、同じ移動距離ならば、料金は同じとなります。料金体系が明朗であり、提示された料金額で確定するため、安心して利用できること、わかりやすいことが単身赴任の人に、多く利用されている秘密と言えるでしょう。さらに、インターネットで見積もりから申し込みまでが完結することが多く、利用しやすいことも人気の理由です。

知ってるだけで安くなる

女性

引越し料金を格安には、大手だから安心とそれだけで決めるのではなく最低でも3社以上から見積もりをとることです。また、時間がある方は混み合う午前よりも午後から作業スタートさせることで料金も格安になるのです。

More Detail

運送業者を上手く利用する

ダンボール

引越しする際は、運送業者を上手く利用することが大事になります。冷蔵庫だけ運ぶプランもあるので、状況に合わせてプランを選ぶようにします。水抜きや霜取りなど事前の準備は、しっかりと計画性をもって行うと良いでしょう。

More Detail